エイコサペンタエン酸 EPA

エイコサペンタエン酸(EPA)とは?

エイコサペンタエン酸(EPA)とは、不飽和脂肪酸の一種です。
イコサペンタエン酸(IPA)と呼ばれることもあります。

 

エイコサペンタエン酸は、血液をサラサラにして中性脂肪を減少させたり、悪玉コレストロールを減らし善玉コレストロールを増やす効果があることがわかっているのですが、残念ながら人間の体内で作られることはなく、食品などから摂取するしか方法がない栄養素で、主に青魚に多く含まれます。

  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 花粉症
  • アレルギー
  • 気管支喘息
  • 癌(ガン)

などの生活習慣病の予防・改善に効果が期待できるとして、現代人にとって非常に有益な成分と言われています。

エイコサペンタエン酸(EPA)を摂取すべき人

エイコサペンタエン酸は、基本的には全ての方に意識的に摂取していただきたいのですが、
特に摂取すべき人はどのような方か挙げてみました。

エイコサペンタエン酸(EPA)を摂取すべき人はコチラ

 

  • 中性脂肪の数値が高い方
  • 血中コレステロールの数値が高い方
  • 生活習慣病(メタボリックシンドローム)を予防・改善したい方
  • 花粉症やアトピーなど、アレルギーをお持ちの方
  • お酒や肉料理の多い方
  • 血縁者にガン発症者のいる方
  • 慢性関節炎などの炎症性疾患をお持ちの方

エイコサペンタエン酸を食品で摂取する注意点

エイコサペンタエン酸を摂取するには、エイコサペンタエン酸を多く含む食品を摂取するしかありません。
特に多くのエイコサペンタエン酸を含む食品は

  • アンコウのキモ
  • マイワシ
  • ヤツメウナギ

などですが、エイコサペンタエン酸をちゃんと摂取するためには調理方法も重要になってきます。

 

酸化に弱いため、鮮度のよい状態で生食が1番よいようです。
焼きたい方もいるでしょうが、焼いたり揚げたりすると流れ出ていってしまうのでお気をつけください。

エイコサペンタエン酸の摂取に最適な方法

エイコサペンタエン酸は食事からのみ摂取しようと思うと、非常に難しいです。
そこでオススメなのが、日本初のEPA配合特定保健用食品「イマークS」というサプリメントです。

 

イマークS缶タイプ

本来、日本人の食生活にはEPAをはじめとするオメガ3脂肪酸は普通に含まれていました。
しかし食の欧米化により、現代では日本国民のほとんどが不足している状態になっています。

 

「イマークS」は、現代人に不足している良質な『EPA』『DHA』を大量に配合し、特に年齢で体力の弱ってきている方の健康をサポートしてくれます。
愛飲することで中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれるという臨床データも出ています。

 

まずはお試し

このようなサプリメントは、個人差が大きく現れることが多いです。
まずは10本分から試してみて、自分の体質に合ってそうだと感じたら飲み続けるのが良いでしょう。

 

最初から意気込んで大量発注すると「必ず毎日飲まなくてはいけない」とストレスになる場合もあります。
『お試し』と割り切り、気軽に試してみることをオススメします。

 

イマークS公式サイト